CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< March 2011 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

What's New! EFF

EFFのイベントの予告/報告や
Panasonic NPO サポートファンド(環境分野)のスケジュールなどについてお知らせします。
東北地方太平洋沖地震への義援金を日本赤十字社へ寄附しました
東北地方太平洋沖地震により、多くの方の尊い命が失われたことに深い哀悼の意を捧げます。
同時に被災された方々に、心よりお見舞いを申し上げます。



地震発生後の3月13日、EFFでは予定していた広島・竹原市での植林活動を実施致しました。
震災後の混乱のさなかではありましたが、広島での植林は「火災で焼失した山林跡地への、土砂崩れなどの災害を防止するための植林」という趣旨で実施していたこともあり、今後どの地域でも起こりうる地震に備えるためにも必要な活動だという意見を鑑み、中止はせずに実施することと致しました。

また、続いて3月27日には、奈良県吉野町での植林活動も同様の趣旨の下に実施致しました。

両会場での植林実施後に参加者の方々から義援金をお預かりし、EFFにてとりまとめて日本赤十字社へ寄附させていただきました。以下にご報告させていただきます。

▼広島 募金報告書 11,576円


▼奈良 募金報告書 6,244円
| お知らせ | 11:42 | - | - |
とことんオーガニックシンポジウム2011
「日本におけるオーガニック・マーケット調査(OMR)2010ー2011」報告会
とことんオーガニックシンポジウム2011

●主催:オーガニック・マーケティング協議会(準備会)
●協力:NPO法人アイフォーム・ジャパン/NPO法人地球と未来の環境基金/Bio Fach JapanオーガニックEXPO事務局  
●後援:NPO法人全国有機農業推進協議会
●日時:2011年3月15日火曜日 10時〜17時半(9時半開場)
   ※東日本大震災の影響により開催日が、2011年6月10日金曜日に変更になりました。
●場所:憲政記念館 講堂
●会費:一般5000円 学生2000円
   ※チケットは、3月10日を持ちましてSOLD−OUTとなりました。
昨年9月、特定非営利活動法人IFOAMジャパンを母体として設立した「オーガニック・マーケット・リサーチ・プロジェクト(OMR)」によって、2009年より1年半かけて総合的な調査を行い、『日本におけるオーガニック・マーケット調査報告書」が完成いたしました。この調査は2006年の「有機農業推進法」成立以降、日本のオーガニック市場を把握する上で画期的な調査であったと自負しております。生産者、加工メーカー、中間流通、小売、消費者などのフードチェーンの実態や行政の取り組みをできるだけ詳細に把握し、その課題はどこにあるのかを探ることが最大の目的でした。
おかげさまで、日本で初めてのオーガニックに関する総合調査として高い評価をいただき、各方面からの問い合わせも多いため、報告会を兼ねたシンポジウムを3月15日に開催することになりました。長年オーガニックに携わってきたベテランだけでなく、これからのオーガニックを担う若者たち、コットンやコスメ関係、マーケットをつくる流通、販売関係者、料理教室の代表やオーガニックを代表する生産者をパネラーに迎え、その名も『とことんオーガニックシンポジウム』を予定しております。
 
詳しくはこちら:http://www.omr2009.com/
●懇親&名刺交換会 お一人様 4,000円 (憲政会館内「霞ガーデン」にて/18:00〜20:00)

(予定プログラム)
第1部 10:00〜13:00
「日本におけるオーガニック・マーケット調査(OMR)2010-2011」報告会
意外と大きかった!日本のオーガニック食品市場は、1300億円。

●来賓挨拶
有機農業推進議員連盟 参議院議員 ツルネン・マルテイ事務局長(調整中)他

●基調報告「有機農家に後継者問題はなかった!?」
OMR代表(IFOAMジャパン副理事長) 徳江倫明
1978年に「大地を守る会」の創設メンバーとして参画。1988年には「らでぃっしゅぼーや」を創業し、生産者、加工メーカー、消費者との全国的なネットワークを構築する。1997年に、日本初のオーガニックスーパーマーケット「マザーズ」を企画。
2000年には有機JAS法の施行と同時に農林水産省登録認定機関「アファス認証センター」の設立を手がける。現在はエフティピーエス株式会社、代表取締役。

●基調講演「オーガニック市場をまず3倍に。マーケティングから見た処方箋」
法政大学院教授 小川孔輔
法政大学経営大学院イノベーションマネジメント研究科教授(マーケティング担当)。日本フローラルマーケティング協会会長(創設者)でもあり、生花の環境負荷の低減や品質管理に関する認証機関であるMPSジャパン株式会社創業者。
編著作に『有機農産物の流通とマーケティング』農文協(2007年)などがある。

●オーガニックの可能性を語る10Mit. リレートーク
「欧米で6兆円のマーケット、次の成長市場は日本。」 郡山昌也
世界116カ国・750団体が加盟している、有機農業に関する世界最大の国際NGO「IFOAM(国際有機農業運動連盟)」世界理事。

「オーガニック・コットンはなぜ売れているか?」 山口真奈美
オーガニック・コットン(繊維)、FSC(森林)、有機JAS(食品)・など様々な認証業務を手がける株式会社 Control Union Japan代表。

「レストランとメディアのオーガニック度」 山口タカ
オーガニックのイエローページ、オーガニック電話帳の編集長。オーガニック・レストランにも精通し、有機関連著書多数。

「銀座のミツバチが教えてくれたオーガニック」 高安和夫
農業分野のクリエーターとして『銀座里山計画』を推進。NPO銀座ミツバチプロジェクト理事長。(有)アグリクリエイト取締役東京支社長。

「オーガニックコスメが売れている理由」 須永晃子
ヒーリングフード・コンサルタント。衣食住にわたるリアル・オーガニック・ライフを提唱している。著書に「リアル・オーガニック・ライフ」他。

「日本のオーガニック野菜を輸出する」 井村辰二郎
広告代理店勤務後、有機農業の道へ。金沢市で大規模に有機(JAS)大豆・麦・米等を栽培し、農産加工も行っている金沢大地代表。EUと米国にも製品を輸出している。

第2部 14:00〜15:30
オーガニックの新しい風 これから農業、普通にやればオーガニック。
●パネルディスカッション1 「若者が作る新しい生産・流通・消費のカタチ」
●パネラー一覧
・西辻 一真 (株式会社マイファーム 代表取締役)
1982年福井県生まれ。2002年京都大学農学部入学。大手広告会社に勤務した後、2007年9月に株式会社マイファーム設立し、「自産自消」を提唱。耕作放棄地を開墾し、市民農園として住民に貸し出しを行う。農作業を通した婚活ツアーなどを主催し、「農」を「業」にせずとも様々な人が関われる取組みを行っている。

・志野 佑介 (千葉県東金市 あいよ農場 百笑)
東京農業大学 国際農業開発学科卒。
ケニアにてNGOスタッフを経て、千葉県東金市に移住し、就農。
仲間3人で田んぼ3ha、畑2haの土地で農薬や化学肥料を使用せず年間年間約50品目の野菜と米、もち米、黒米、大豆を栽培。年間を通して、のべ400人以上の人が「あいよ農場」に訪問し、自らの栽培に携わり、野菜を購入する新しい形の「提携」を実践中。

・やかまし東京シェアハウス (住民代表)
大塚駅で男女8人でシェアハウスを行うやかまし東京シェアハウス。月に1回、茨城県石岡市のやさと農場に30人ほどで通い、平日はやさと農場から届いた野菜で食事を作り、食卓を囲む。都会にいながら農に関わる新しい生活スタイルとして、NHKを始め、各種メディアに取り上げられている。(パネリスト調整中)

・水野 裕敬(みずの ひろたか)マルシェ・ジャポン全国事務局事務局長/株式会社ぐるなび所属 1976年静岡県島田市生まれ。沖縄県育ち。早稲田大学教育学部卒業後、安田生命保険相互会社を経て、2003年株式会社ぐるなびに入社。旅行サイト「ぐるなびトラベル」の運営責任者を経て、2009年農林水産省補助事業「マルシェ・ジャポン・プロジェクト」全国事務局リーダーに着任。2010年より現職。

●ファシリテーター
・西居 豊 (合同会社五穀豊穣 代表)
大阪府堺市生まれ。大学卒業後、株式会社マインドシェアに入社。様々な業界業種のイベント、PR、プロモーションの企画を担当。2009年2月より農林水産省「田舎で働き隊!事業」を担当。地域活性・農業活性に感銘を受け、地域活性化コンサルティング会社、合同会社五穀豊穣を設立。
地域における特産品開発や地産地消の推進、観光客誘致に向けたプランニングなどを手がける他、丸の内朝大学で祭をテーマにした「伝統学部祭クラス」を主催。祭が地域にもたらす効果を説くなど活動は多岐に渡る。

第3部 15:40〜17:20
こうやって広げる日本のオーガニック。 日本の農業、もうひとつの道。

●パネルディスカッション2 「日本農業、もうひとつの道 全ての人は農業をする権利がある」
徳江倫明(OMR代表/ファシリテーター)
緒方大助(らでぃっしゅぼーや(株)代表取締役社長 *有機野菜・低農薬野菜、無添加食材の宅配サービス)
志村なるみ(株式会社ABC HOLDINGS 取締役 *ABCクッキングスクール)
山本伸司(パルシステム生活協同組合連合会専務補佐 *商品・産直政策、地域再生担当)
澤浦彰治(グリンリーフ株式会社代表取締役 *有機生産者〈2008年天皇杯受賞〉)
浅川芳裕(農業技術通信社 副編集長 *「日本は世界5位の農業大国」著者)

懇親&名刺交換会 18:00〜20:00
憲政記念館「霞ガーデン」にて  お一人様 4000円
*事前にお申し込みください。100名様限定です
*講演者、パネラーは予定です。都合により変わることもございますので、ご了承ください

参加申し込み、お問い合わせは、
とことんオーガニックシンポジウム2011事務局
株式会社FTPS(担当・渡邊・西郷) 電話 03‐3523‐0860  FAX03‐3523‐0861
E-mail info@ftps.jp  http://www.omr2009.com/
*電話受付時間 午前10時から午後6時まで(土日祝日休業)
エフティーピーエス株式会社気付 オーガニック・マーケティング協議会(準備会)
〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-22-8内外ビル7階
* お申し込みいただいた方の個人情報は事務局が厳重に管理し、第三者には開示・提供はいたしません。(法令により開示を求められた場合を除く)

| イベント予告/報告 | 10:24 | - | - |