CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< August 2010 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

What's New! EFF

EFFのイベントの予告/報告や
Panasonic NPO サポートファンド(環境分野)のスケジュールなどについてお知らせします。
岩手で草刈の巻
植林10年目の岩手県西和賀町で草刈
7月17日 西和賀森づくり隊に混じって草刈をした。千葉で使っているマイ草刈機を岩手まで持って行こうとしたが、新幹線ではちょっと目立つかと思い断念する。変わりに秘密兵器を用意してもらった。自走式草刈機、強力である。両手で持つ草刈機の10倍の能力はあったであろうか、自走式草刈機が通った跡には幅1メートルの小道が出来上がっていく。しかし、操作は結構難儀した。傾斜のある所では谷側に引っ張られ、でこぼこの地面では曲がる。油断すると刈り残しができ虎刈りになってしまうので、ついグリップを硬く握り締めて軌道修正している。気づくと腕がパンパンにしびれている。

草刈前 自走式草刈機
草刈前、背丈ほど伸びている。         威力を発揮した自走式草刈機

草刈した面積は植林地の約20アール、奥の10アール、道路脇までの草地20アール、道路脇看板の周辺
作業人数は4人、使用した道具は草刈機3台と自走式草刈機1台。
要した時間は8時半から16時半、ただし途中昼食など休憩を数回挟む。

昼には終了する予定が夕方になってしまったが、人の背丈ほどあった草がすっかりなくなり、達成感と共に、残照に浮かぶ楢やブナの木立を背に湯本温泉に向ったのである。

広々と 看板周り
草刈後、見通しよくすっきりと木立が現れる。  看板周りもきれいに。




| イベント予告/報告 | 14:12 | - | - |
千葉真里谷で竹の伐採
7月10日は千葉四季彩の森(君津市上総亀山)で草刈する予定であったが、急遽、真里谷(木更津市)に場所を移して竹を伐採することにした。

来春予定地 すり鉢状 
【左】山に入って右側の斜面が来春の植林予定地。真竹の新芽が2m以上伸びている。長柄を使って伐る。 
【右】斜面の上から見下ろすとすり鉢状になっていて、底は平ら、畑にもできる。様々活用できる。

真里谷(まりやつ)では、去年から今年にかけて山一面覆っていた真竹を伐採してユンボで片付けてきた。そこへ、今年の春になって地面から竹が一斉に生えだしたため、5月には草刈機で、6月には草の根ボランティアの皆さんと手鎌で真竹の新芽を切り取った。真竹の新芽をその場で味噌汁にしておいしくいただいたのである。2度も刈り取ったのでもう大丈夫だろうと前日見に行ったところまたまた背丈以上に生い茂っている。伐れども伐れども地下茎から次々に芽を出す竹はすばらしい生命力というほかはない。
私たちは竹を根絶やしにするつもりはないが、繁茂しすぎたところを伐採して広葉樹を植える計画を立てている。そこで、植樹予定地を中心に第3回目の竹伐りを執り行うことにした。
前夜からの雨がからりと晴れ、絶好の山仕事日和となった。今回もR社の社員4名に参加していただき、EFFの4名、かずさの森の岩田さんと総勢9人になった。この日のためということではないが、スチール社(ドイツ)製の草刈機1台を新調した。試運転は自分がしたかったが、R社のS氏にその栄誉を譲り、果たして自分は長柄を振り回すことにした。3時間ほどで予定の作業を終了し、昼食を摂る。岩田さん手製のおにぎり、山菜や漬物、トウモロコシ、スイカなど等、おいしくいただきました。さて、来年3月には250本ほど植えようと思っている。

草刈機2台 燃やした
【左】新調した草刈機と以前に購入したものの2台になった。
【右】春に伐採していた竹はユンボで掘った穴に集めて燃やし、できるだけ片付ける。
| - | 16:13 | - | - |